老眼の悩みもレーシックにお任せ

老眼というのは、つまりは遠視ということになるので、近視と同様にレーシックの手術で治療出来るのです。
つまり遠視で悩んでいる人は、信頼出来るレーシックのクリニックに一度相談に行ってみると良いでしょう。
老眼と言われているものは、一度進行してしまうことによりもう二度と元には戻らないと思っている人が多いようです。
しかし老眼はレーシックによって元通りの視力に戻すことが出来るのです。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックは、目の表面の角膜の形をレーザーによって矯正していき、光の屈折の具合を調節する視力回復手術です。
なので遠視だろうが近視だろうが、レーシックで元に戻すことが可能というワケです。

 



老眼の悩みもレーシックにお任せブログ:21-08-02

疲れたときや思考が滞りがちな時、
皆様は
腕を上に伸ばして
「うーん!」と
「伸び」をしたりしてませんか?

「伸び」って
結構、気分転換になるんですよね〜

ぼくたちが無意識のうちに行っている「伸び」ですが、
実は、肉体の緊張を解き、血流をよくしてリラックスできる、
とても効果的な動作なんですよね。

肉体のいろいろな部位を伸ばす
「ストレッチ」は、「柔軟体操」とも呼ばれ、
体操前の準備体操や体操後のクールダウンだけでなく、
健康増進を目的としても行われています。

年齢を重ねるごとに、肉体は固くなっていくもの。

なので
日々意識して、
日頃あまり動かさないところも伸ばしてみましょう。

肉体を伸ばすと柔軟性が高まるのはもちろん、
血液やリンパ液の流れがよくなり、脳や神経を活性化し、
おまけに筋肉を鍛えることにもなります。

つまり、肉体を伸ばし柔らかく保つことは、
老化を防ぐことにもつながるのです。

現代の生活では、
テレビの凝視、パソコンや携帯電話の操作、車の運転など、
同じ姿勢でいる時間が長く、
肉体のいろいろな部分にコリが溜まりがちです。

大きな筋や関節をはじめ、
指や足など肉体の先端に至るまで、
無理なくこまめに「伸び」をさせ、柔らかく保ちたいものです。

ちょっとしたすきま時間を利用して、
歯磨きや手洗いと同じように、習慣づけられると良いですね。

休日には家の中に引きこもっていないで
外に出かけて、
緑の中で気持ちよく「伸び」をすると、
肉体だけでなく、心まで柔らかくなれそうですよね。

フンガフフ