レーシックの後遺症は一時的

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 



レーシックの後遺症は一時的ブログ:21-01-17

育児をしている時は、
子供が何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

子供は自分の父母が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが父母馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが父母馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって父母馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

嫁が父母馬鹿になっても、夫がツッコミを入れて来るし、
夫が父母馬鹿になると、嫁がツッコミを入れて来て、
父母馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
子供は脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

子供は誕生から6歳までの間、
毎日、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
子供の脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良い子供に育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

嫁は育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
夫は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
嫁が疲れていたら、嫁を休ませて、
その間、夫が子供に対して父母馬鹿になっていればいい。

夫が疲れていたら、夫を休ませ、
その間、嫁が子供に対して父母馬鹿になっていればいいのだ。