手術中に痛みを感じることはほぼ無い

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。

 



手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:21-02-28

シェイプアップで失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「シェイプアップ中は毎日トレーニングする」とか
「シェイプアップしている間はお菓子を食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めたシェイプアップのルールを破ってしまうと
「もうわたしはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきたシェイプアップも、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

毎日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
24時間とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、シェイプアップのやり方について、
7日間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

7日間ぐらいでシェイプアップの反省をすれば、
シェイプアップの成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

24時間単位でみると、
夕食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
24時間ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中でシェイプアップにとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
シェイプアップは前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、シェイプアップ中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これがシェイプアップの基本だと、わたしは思います。